ヒールを履いた女性

日本の風俗の歴史

カップル

日本の風俗の歴史を語る上で、まずはやはり遊郭の話をしなければなりません。遊郭の始まりは、1585年に豊臣秀吉が大阪に設置したとされています。遊郭を置いた理由は、治安を悪化させないようにするためや、私婦を取り締まることが理由です。その影響から、江戸にも遊郭が置かれるようになります。それが有名な吉原遊郭です。吉原遊郭は現在ではなくなりましたが、現在ではソープランドが多数ある有名な風俗街となっています。戦後になりますと、風俗は一種の売春サービスとなります。1946年には公婦制度が廃止されました。その後に合法な売春である赤線、青線地帯が誕生します。1950年代になりますと、ストリップが大流行して、大衆の娯楽として認知されるようになりました。1960年代に入りますと、一大転換期となる売春防止法が制定されます。この後に、性産業は売春を行わずに性的サービスを行うという形になります。1990年代に入りますと、通常の店舗に行って性的サービスを受ける形ではなくて、無店舗の性的サービスが流行します。これがデリヘルやホテヘルといったような業種です。現在では、このデリヘルやホテヘルがメインとなっていますが、今でもストリップやピンサロも根強くあります。